ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事
2003年 明けましておめでとうございます

迎春



根室市長  藤 原  弘

 年頭にあたって

 新年あけましておめでとうございます。
 市民の皆様には、 清々しく新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。旧年中は、市政の推進につきまして深いご理解と絶大なるご協力を賜りましたことに、厚くお礼申し上げます。
 さて、わが国の経済は、依然として景気回復の曙光が見えないまま新年を迎えました。景気の低迷は、当市の経済と雇用環境に深刻な影響をもたらしており、行政を取り巻く財政環境も大変厳しいものとなっております。
 新たな年を迎えるにあたり、こうした現下の情勢を踏まえ、私は根室市の発展を最大限追及していくことを念頭に、市民皆様が心豊かに安心して暮らせるまちづくりの構築に向けて努力してまいります。市民皆様と行政が協働し、市政のあらゆる分野に多くの市民のご参画をいただき、明るく住みよいまちづくりに邁進していく決意であります。
 市といたしましては、 行政改革の着実な推進、産業の振興による経済の活性化、市民に信頼される保健・医療・福祉システムの確立、教育環境の充実、市立根室病院の経営健全化と新病院建設への取り組み、 さらに北方領土問題解決の促進などを着実に取り組んでまいる所存であります。
 今を生きる私たちが、明るい未来に向けて礎を築き、次代に継承できるよう全力で取り組んでまいります。2003年の今年が、皆様にとりまして、最良の年でありますよう心からお祈り申し上げますとともに、市政に対する一層のご支援・ご協力をお願いいたしまして、 新年のごあいさつといたします。



根室市議会議長  嶋 津 隆 之

 新春を迎えて

 平成15年の年頭にあたり、 根室市議会を代表し、 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 本年が皆様にとりまして、希望に満ちたより良い年でありますように心からお祈り申し上げます。
 さて、バブル経済の崩壊以降、の本経済は長期的かつ深刻な不況に陥り、一部に回復の兆しが見られるものの、本格的な景気回復には程遠いものがあります。
 当根室市においては、基幹産業であります漁業におきまして、昨年、花咲港でのサンマの水揚げが5年連続して日本一を記録するなど、明るい話題もありましたが、他の魚種においては不振が続き、厳しい漁業環境にあります。
 このことが関連産業にも波及し、市中経済は極めて厳しく、また、市の財政状況もかつてない緊迫した状況にあります。
 このような現状を踏まえ、根室市議会といたしましては、 行財政改革の着実な推進を図り、 住民福祉の向上と住みよい街づくりの実現に向け、藤原市政と車の両輪となって市民皆様の期待に応えてまいります。
 また、根室市にとって最大の懸案事項であります 北方領土問題につきましては、新年早々、小泉首相のロシア訪問が予定されており、この問題の解決に向けて大きく前進することを願っております。
 どうか皆様には、 本年もご健勝で一層のご活躍をされますことをご祈念申し上げ、年頭のご挨拶といたします。


根室市女性のつどい協議会
会長 板倉 昌子 さん
根室市地域子ども会育成連絡協議会
会長 若林   清 さん
「男女が共に支えあう社会」
「たくましい根室っ子を育てる」
 皆さん「男女平等三画社会」のことご存じですか?
 平成11年に国が基本法を制定し、13年には道が、そして根室市もこれから計画を策定し推進していくことになりました。わかりやすく言いますと、男女が共に支え合って生きていく社会のことです。
 私たち女性のつどうい協議会も昨年は、フォーラムや研修会など積極的に参加しました。新しい年を迎えた今年は、「男女平等三画社会」のことをもっと多くに方に知っていただくように努めて行きたいと思っています。
 これからは男女が共に責任を担いながら、職業生活と家庭生活の両立できる社会に変わっていくことと思います。
 それぞれの目標を持つ女性団体が、共通する大きな課題をテーマに研修する女性のつどい協議会。新年を迎え、多くの方に入会していただきたいですね。
 子ども会育成連絡協議会は、子どもたちを健やかに育てるために、各種スポーツ大会やジュニアリーダー研修会など、地域に根ざした子ども会活動を進めています。
 昨年は、子どもたちと一緒に長年続けてきた電話ボックス清掃活動が認められ日本公衆電話会から感謝状が当協議会に贈られました。これからもきれいな街づくりをするため、続けていきたいですね。
 子どもたちが一番楽しみにしている長靴アイスホッケー大会ですが、昨年は暖気のためリンクが使えず中止になりました。今年は天候次第ですが、準備を整えリンク上を走り回る子どもたちの笑顔が見たいものです。
 当協議会の理事も高齢となりましたが、たくましい根室っ子が育つようこれからも頑張りたいと思います。
根室四島踊り隊
代表 鈴木 祥高 さん
根室海洋少年団
指導補 大野 美穂 さん
「世代を超えた楽しさに」
「後輩たちの見本に」
 昨年の11月から根室四島踊り隊の代表を努めることになりました。前代表の末武さんの後を引き継ぎ、とてもプレッシャーを感じています。
 昨年は「四島にかける虹のかけ橋」をテーマに、初めて振り付けをプロの方に指導していただきました。今年は昨年以上の踊りにしたいとチーム一同張り切っています。
 ヨサコイは若い人からお年寄りまで参加でき、世代を超えた楽しさがあると思います。
 昨年、札幌で開催された本祭では完全燃焼することができ、終わった後の達成感は言葉に言い表せないものがありました。四島踊り隊では、会員を募集しています。中学生以上の男女問わず、踊りが好きで体力に自身のある方、ない方どちらでもOK。スタッフも同時募集しています。一緒にYOSAKOIソーラン祭りを楽しみましょう。
 小学校1年生から活動していた海洋少年団も今年の3月で卒団です。
 4月からは、準指導員として新たに海洋少年団の後輩たちを指導していく立場になります。
 今まで以上に後輩たちの見本となるよう頑張りたいです。
 去年、洞爺湖で開かれた日本海洋少年団北海道大会に参加し、ロープ結索競技で団体優勝することができました。個人競技でも4位と、私にとって思い出に残る1位となりました。
 今年は、後輩たちに自分の知識を伝え、2年連続の団体優勝を目指してもらいたいですね。
 地元に就職が決まり4月から社会人となります。少し不安ですが、気持ちを引き締め責任の果たせる仕事をしていきたいです。
 高校生活も残り少ないですが卒業まで精一杯頑張ろうと思っています。



前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.