ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置:ホーム > 根室市の情報 > 歴史について

 1912(明治45)年5月、納沙布岬に近い珸瑤瑁(ごようまい)の浜で、 砂に埋まっている石が発見されました。掘ってみると「横死七十一人之墓」と彫 られていました。


■横死七十一人之墓


 現在、この「横死七十一人の墓」は納沙布岬の傍らに建てられています。この 碑の横面には、「文化九年歳在壬申四月建之」と刻まれ、文化九年は西暦の18 12年ですので、この年の4月に造られたことがわかります。裏には漢文で難し い文章が書かれていますが、現代語訳にすると

 「寛政元年五月に、この地の非常に悪いアイヌが集まって、突然に侍(さむら い)や漁民を殺した。殺された人数は合計七十一人で、その名前を書いた記録は 役所にある。あわせて供養し、石を建てる」

 という意味になります。これだけ読むと「凶悪」なアイヌが、この地の侍や漁民を虐殺(殺害)したということだけしかわかりません。真実の歴史はどうであったのでしょうか。


寛政の蜂起和人殉難墓碑 寛政の蜂起和人殉難墓碑
根室市指定文化財
「寛政の蜂起和人殉難墓碑」(表)
(裏)


■ ノッカマップイチャルバ


 1974年から毎年9月末に、根室半島のノッカマップというところで「イチ ャルパ」(アイヌ語で供養祭という意味)という催しが行われています。寛政元 (1789年)のクナシリ・メナシの戦いの犠牲者(アイヌ37人、和人71人 )の供養のために、アイヌの人たちが中心になって祭事が催されています。

ノツカマップでのイチャルパ 横死七十一人の墓の前でのイチャルパ
ノツカマップでのイチャルパ
1990.9.23
横死七十一人の墓の前でのイチャルパ
1990.9.24
前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.