ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 市長メッセージ一覧 > 市長メッセージ

「年頭のご挨拶」

 

新年明けましておめでとうございます。根室市長の長谷川です。根室の年末・年始は、比較的穏やかな日が続き、元旦も納沙布岬で雲の間からではありますが、初日の出を見ることができ、まずは順調なスタートであったと感じています。

 

さて、昨年は「東日本大震災」の発生など、多くの難題を抱えた年でしたが、市民皆様をはじめ、産業経済界などからの絶大なるご支援・ご協力をいただき、様々な課題の解決、そして市政の推進にあたることができました。特に震災対応では、全国に先駆けて「被災地への支援に関する条例」を制定し、復興支援や被災者の受け入れができたことは、私自身、大変嬉しく感じています。

 

一方、基幹産業の状況は、漁業においては、沿岸漁業が全体的に低迷し、サケマス漁業も震災の影響により出漁船が大幅に減ったものの、サンマ漁は100億円を突破し、2年連続16回目のサンマ水揚げ日本一となるなど、サンマに支えられた年となりました。

 

また、水産加工業は、経済不況による消費の低迷、デフレによる低価格競争など、厳しい状況が続き、酪農業は、夏ごろまで生乳生産が前年比マイナスで推移するなど、全般的に厳しい状況となり、加えて、北方領土問題に具体的な進展がないまま戦後66年が経過し、人口も3万人を割るなど、抜本的な対策が急務となっています。

 

このため、昨年度より「産業活性化プラン」、「生活安心・安らぎプラン」、「みらい活力創造プラン」の3つのプランからなる「根室再興政策プロジェクト」をスタートさせたところですが、2年目の今年は、加速的に推進し、「ふるさと再興」に向けて、より本格的な展開を図ってまいりたいと考えており、また、国に対し、ロシアの「クリル諸島社会経済発展計画」のような北方領土隣接地域のインフラ整備、財源対策、さらには、ビザなし交流の深化、北方領土との経済交流の実現を求めるなど、今年は、この2つの取り組みを市政推進の中心に置き、「根室再生・再興」への道が開かれる年にしたいと考えています。

 

今まさに「地方の時代」と言われる中で、様々な課題が山積していますが、私は、常に皆さんの意見を真摯に受け止め、市民・行政・議会・産業経済界が一体となった、まさに「オール根室体制」で事にあたれば、どのような逆境にあっても道は開かれると確信しています。

 

新たな年を迎え、「協働のまちづくり」を基本に、さらなる連携による「オール根室体制」で、さまざまな困難を乗り越え、攻めの姿勢で「根室の再生・再興」に向け、力強く「前進」していく決意ですので、市民皆様の市政に対する一層のご支援とご協力をお願い申し上げます

 

最後に、本年が根室市にとって、災害もなく、実り多い飛躍の年となりますこと、そして、市民皆様の益々のご健勝とご多幸、ご隆盛を心からご祈念申し上げ、年頭のご挨拶といたします。

前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.