ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置:ホーム > 根室市の情報 > 施設情報 > 施設情報詳細
ウニ種苗生産センター

  src=

■設置の目的


根室半島沿岸における漁業の中心でも、特に重要な位置にあるウニ漁業は、昭和51年の183tを最高に漁獲量は年々減少し、昭和63年には48tにまで激減しました。

こうした状況の中で、昭和57年から人口種苗の生産試験などに積極的に取り組み、ウニ種苗の大量生産技術を確立することができたことから、これらの技術をもとに、年間500万粒の種苗生産を行い、ウニ資源の増大とウニ漁業の安定化を図ることを目的にしています。


■施設の概要


施設名 ウニ種苗生産センター 竣功 平成3年2月25日
所在地 根室市温根元24番地6
電話 0153-28-2886
管理運営(採苗業務委託) ウニ種苗生産センター運営委員会、管理組合 歯舞漁業協同組合
事業名 新沿岸漁業構造改善事業 総事業費 617,000千円(国庫補助 304、673千円道補助 152、336千円)
事業主体 根室市
生産能力 年間500万粒(5mmサイズ)


施設規模等

建物 鉄骨造平屋建A棟1、830.50u/B棟1、680.00u
A棟水槽室、検鏡室、幼生育成室、事務室、休憩室、餌料培養室
機具洗浄室、資材倉庫、栄養塩作成室、機械室、その他
B棟水槽室
機械設備 ・海水取水設備・・・取水ポンプ22KW4台
・海水ろ過設備
一次ろ過器75μ・150t/H2基
二次ろ過器25μ・30Tt/H2基
精密ろ過器1μ・20t/H1基
電気設備 屋外キュービクル設備、監視警報盤、電灯コンセント設備
機械動力設備、火災報知機設備
生産設備 種苗初期飼育設備、浮遊幼生飼育、餌料培養設備、検鏡設備
その他 管理事務設備

     

■施設の運営 

ウニ種苗生産事業の効率的運営を図るため、根室市をはじめ、市内の4つの漁業協同組合で「根室市ウニ種苗生産センター運営委員会」を組織しています。

構成
歯舞漁業協同組合(管理組合)。根室漁業協同組合、落石漁業協同組合、根室湾中部漁業協同組合、根室市

事業内容
ウニ種苗センターの施設維持、種苗生産及び供給、生産事業の運営に関すること。


■ウニミニ学習教室


ウニの出現率は約48%


”アワビモ”に沈着した約1、080万粒の稚ウニは、半年の間、飼育されます。
出荷時期の10月には、5mmサイズに成長した稚ウニは500万粒となり、全体に対する5mmサイズ」の稚ウニ出現率が、約48%程になります。



受精卵

受精された卵、真円で、卵罫90μm以上のものを使い、一瞬のうちに受精が受精が官僚します。
細胞期

受精卵は1時間程度で二分割され、さらに分割が何度となく繰り返されます。

桑実胚(そうじつはい)
受精から約20時間程度で桑実胚になり、ふ化直前の状態に変わってきます。

6腕期

ふ化後、1週間程で6腕期を迎え、約600μm位の大きさになります。この頃動きも活発になります。
稚ウニ(約0.2mm)
受精から約3週間程で稚ウニが誕生します。この後、5mmサイズに成長するまで飼育がおこなわれます。


前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.