ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事
平成12年11月からの内科外来診療体制(市立根室病院)

市立根室病院  
前院長 稲葉 雅史
     市立根室病院
院長 羽根田 俊
退任のご挨拶

 7ヵ月間という大変短い期間でしたが、新体制を迎えた市立根室病院の立ち上げの時期に院長として貴重な体験をさせていただきました。
 まず、入院患者数とともに外科医の一人として手術例数を増加させるべく努力致しました。このことを例にとっても医師と患者さんの信頼関係、看護体制の充実、医療技術のレベルと特色、入院環境を含む患者サービスと事務側の努力など、どれに欠陥があっても満足できるものとはなりません。
 しかし、手術例数が前年度に比較し10月末で約100例増加していることを考えますと、当院に対する市民の皆様の評価は徐々にしかし確実に向上しているものと拝察されます。
 まだ改善すべき問題を残したまま、新しく就任された羽根田院長に引き継ぐ形となりました。内科、とりわけ循環器科が充実され、地理的な不利面は遠隔医療システムの利用で解消し、将来はこの地域のセンター病院的役割を担う必要があります。
 新院長の元、市民のための病院として残された問題の解決や患者サービスへの努力の継続により新病院設立は必然的に始まるものと期待、応援しております。
就任のご挨拶

 この度、稲葉前院長の後任として市立根室病院に赴任いたしました。
 今後は、市立病院の新築を踏まえた長期的な視点から、病院経営の健全化や診療体制の充実化を図っていきたいと思っています。幸い本年4月から前院長が全職員と一丸となり新体制を作られ、市民の皆様の信頼を取り戻して頂き、次第に多くの方々が市立病院に受診される状況になってきております。
 そこで、市民の皆様の信頼と期待に応えるようにソフト面(専門外来制、診療科、診療日の拡大など)やハード面(新しい診断機器や遠隔医療システムの利用など)の両面において更なる充実を図り、市民の皆様が安心して受診できる、高度な医療を提供できる市立病院にしてまいりたいと考えております。
 さらに、私の専門分野は循環器内科ですので、心筋梗塞、脳卒中など一分一秒を争う循環器疾患に対する早期診断、早期治療をより充実させるように、市内、近郊の医療機関と協力して新しい体制づくりにも取り組む予定です。
 現在、市民の皆様が安心して気持ち良く受診できる病院づくりに、病院職員と一丸となり全力で取り組んでおりますので、何卒宜しくお願いします。

11月からの内科外来診療日程(市立根室病院)
 11月1日から内科は今までの4名から5名体制で診療を行っています。また、今まで主治医制を取っておりませんでしたが、現在、主治医制による診療を実施しております。
 さらに、ぜんそく等呼吸器系の患者さんに対応するため、毎月第3週の金、土曜日に専門医師の診察が行われます。

<診療体制の内容>
 月曜日から金曜日の午前診療(新患者・緊急患者・再来患者)は3診体制、午後診療(新患者・緊急患者)は1診体制により診療を行っております。

◆午前の第1診察室は、循環器系が主体の診察となります。
 (但し、第3金曜日と土曜日は呼吸器系が主体の診察となります)
◆午前の第2診察室は、一般内科が主体の診察となります。
◆午前の第3診察室は、消化器系が主体の診察となります。
◆午後の診療は、新患者、緊急患者の方を対象とする診察となります。
◆土曜日については、第1・5週が2診体制で一般内科、第3週が3診体制となり、一般内科及び呼吸器系の診察となります。

募集
市立根室病院附属准看護婦養成所では、平成13年度入所生を募集しております。応募は、男女、年齢を問いません。
・願書受付期間
12月1日〜12月30日(12月30日消印有効)
・試験日および科目
学科試験
 平成13年1月20日
面接試験
 平成13年1月21日
・お問い合わせは、当養成所まで エ01532−4−3201(内線370)

前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.