ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事


学芸員日誌





 ひつじ(羊) (平成15年1月号)



 今年は、「ひつじ」年です。昔の北海道の農家は、あちこちで自家用の羊を飼っていました。私の家でも何頭かいて、正月は羊の肉のご馳走、またお袋はよく羊の毛で手袋とか帽子を編んでくれました。そのヒツジですが、偶蹄目ウシ科ヤギ亜科に分類されます。起源は、ヒト科よりも遅く、250万年前、西アジアの山岳地帯で進化しました。何度と繰り返された氷河時代の間氷期に適応放散を繰り返し、アメリカ大陸には、シベリアとアラスカを結んでいたベーリング陸橋をとおって10数万年前に渡りました。野生では、大きな角があるロッキービックホーンなど8種が北半球に生息しています。
 ヒツジは、ヤギと同じく最初に家畜化されました。群れを作り、小柄で、家畜としては最適でした。ですから、聖書にもよく出てくる動物です。天国に召されるとき、最後の審判のところでは、羊を右、ヤギを左に置くとあります。羊は、天国へ行く人々の象徴に使います。また、羊飼いの声を聞き分け、決して他の羊飼いにはついていかないとか、羊は、親切・賢さのたとえであり、おとなしく、人々にとっては良い動物としてうけとられているようです。ただ、幼少の頃、我が家で飼っていた羊は、ちょっと目を離した隙に後ろから頭突きをすることがしばしばありまいした。しかし、それが飼い主以外寄せ付けない忠誠心の現われなのか、私が羊にたいして無礼なことをしてその恨みでそうしたのか定かではありませんが...。

                                                     (主任学芸員 近藤 憲久)







                     

                             



前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.