ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事


あなたの調査票には
 根室の大切な未来が一杯つまっています。


10月1日、全国一斉に2000年国勢調査
 平成12年(2000年)10月1日、全国一斉に国勢調査が行われます。
 国勢調査は、10年ごとに実施する大規模調査(西暦の末尾が0の年)と、その中間年に行う簡易調査(西暦の末尾が5)の2種類があります。
 日本で国勢調査が行われたのは80年前の大正9年が最初で、西暦2000年というミレニアム(千年紀)の節目に行われる今回は17回目にあたり、大規模調査となります。
 国勢調査は、日本に住んでいるすべての人を対象とする調査で、全国で約1億2700万人、世帯数約4700万世帯にのぼると予想されます。(もちろん、あなたも、あなたの家族も対象です。)
 また、国際連合が勧告する2000年ラウンドの人口・住宅センサスの一環をなすものとして国際的な意義を持っています。
 9月下旬より調査員が、皆さんのお宅をお伺いし、世帯ごとに調査票をお配りします。
 調査票が届いたら、「調査票の記入のしかた」をよく読んで、ふだん住んでいる人を漏れなく記入します。(住民登録をしていなくても対象になります)
 ふだん住んでいる人とは、
@10月1日現在、すでに3ヵ月以上住んでいる人
A10月1日の前後を通じて3ヵ月以上住むことになっている人
B一時的に自宅を離れていても3ヵ月以内に自宅に戻る人です。

調査のスケジュール
調査表の配布 【9月23日から】
調査表の記入 【10月1日現在で】
調査表の回収 【10月9日まで】
集計
結果公表(速報) 【12月下旬〜】

●どんなことを調べるの?
<<調査する内容>>
・世帯全員の男女の別、出生の年月、就業状態、通勤・通学地、住居の種類など22項目です。

<<調査票は世帯ごとに配布>>
・調査票は1枚4名連記の「マーク・数字記入方式」となっていますので必要枚数を配布します。

<<調査票の記入>>
・「マーク・数字記入方式」になっていますので、該当する項目の下に付けられた ◯ 印を黒鉛筆で ● のように塗りつぶしたり、数字を記入したりして回答してください。
・書きまちがえた場合は消しゴムできれいに消してから書き直しましょう。

<<調査票の集計>>
・集計は機械にかけて行いますので、調査票は汚さないように注意しましょう。

<<調査票の提出>>
・調査員がお知らせした回収日(10月9日まで)に受け取りにお伺いしますので、お渡しください。

●どんなことに使われているの?
 これからのまちづくりのための基礎資料になります。
 議員定数や地方交付金を決めたり、都市計画や社会福祉政策、経済計画、防災計画などの基礎資料として活用されます。
 その他、将来人口の予測や人口の分析などの研究などさまざまな分野で使われ、福祉、医療、雇用、道路整備、環境整備、防災、国土利用など、色々な行政を進めていく上の資料として利用されます。
 調査票の記入内容は、統計法により厳重に守られます。他にもれたり、他の目的に使われることは絶対にありません。

●ご協力をお願いします
 調査票を配布し回収する国勢調査員は、根室市長の推薦に基づいて総務庁長官が任命する非常勤の国家公務員です。
 根室市では224人の調査員が今回の国勢調査に従事し、市内全世帯に調査票を配布、回収にお伺いします。
 それぞれのライフスタイルに合わせ、夜間に訪問させていただくこともありますので、皆さんのご協力をお願いいたします。

根室市国勢調査実施本部事務局

TEL 3−6111 内線2356番



前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.