ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 各課ホームページ > 総務部 > 情報管理課

 

 

↓マイナンバーに関するお知らせについてはこちら


マイナンバー「通知カード」の受け渡しについて【H27.12.1掲載】

平成27年11月10日からマイナンバーのお届けを開始します【H27.10.1掲載】

平成27年10月5日 マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が始まります【H27.9.1掲載】

 

マイナンバー制度とは?

  マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)とは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であるということの確認を行うための社会基盤となる制度です。 


いつから始まるの?

 平成27年10月から、住民票を有する国民一人ひとりに12桁の数字のみで構成されるマイナンバーが通知され、平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の行政手続きで使用が始まります。
 また、
法人にも13桁の法人番号が指定され、官民問わず自由に利用できます。


 マイナンバーは、誰がどのような場面で使うの?

  国の行政機関や地方公共団体などにおいて、マイナンバーは社会保障・税・災害対策の分野で利用されることとなります。このため、国民の皆様には、年金・雇用保険・医療保険の手続き、生活保護・児童手当その他福祉の給付、確定申告などの税の手続きなどで、申請書等にマイナンバーの記載を求められることとなります。
 また、税や社会保険の手続きにおいては、事業主や証券会社、保険会社などが個人に代わって手続きを行うこととされている場合もあります。このため、勤務先や証券会社、保険会社などの金融機関にもマイナンバーの提出を求められる場合があります。
 なお、行政機関等がどのような場面でマイナンバーを利用するかについては、法律や条例で定められており、それ以外に利用することは禁止されています。


マイナンバーの3つのメリット

 1 行政の効率化

  行政機関・地方公共団体での確認作業などの無駄が削減され、手続きがスムーズになります。

 2 国民の利便性の向上

  申請時に必要な所得証明書などの添付資料が省略されるようになります。

 3 公平・公正な社会の実現

  行政機関は申請者等の所得状況などの適確な把握が可能となり、不正受給などを防止できます。

 

マイナンバーについての詳しい情報はこちらをご覧下さい。

 ⇒ 内閣官房ホームページ「社会保障・税番号制度」(外部リンク)

 ⇒ 国税庁ホームページ「社会保障・税番号制度」(外部リンク)

 ⇒ 厚生労働省ホームページ「社会保障・税番号制度(社会保障分野)」(外部リンク) 

 


 

定個人情報とは?

 特定個人情報とは、マイナンバーを内容に含む個人情報のことです。また、特定個人情報を内容に含むファイルのことを特定個人情報ファイルといい、特定個人情報保護評価の実施が義務付けられています。


特定個人情報保護評価について

 特定個人情報保護評価とは、マイナンバーを含む個人情報ファイルを保有しようとする国の行政機関や地方公共団体等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏洩、その他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを自ら宣言するものです。


特定個人情報保護評価書の公表

※近日中に公開予定です。 

 

 

特定個人情報の保護についての詳しい情報はこちらをご覧下さい。

 ⇒ 特定個人情報保護委員会(外部リンク)

 ⇒ マイナンバー保護評価Web(外部リンク)

このページに関してのお問合せについては、総務部情報管理課まで
情報管理課へのお問い合わせ情報管理課の業務内容各課ホームページ一覧
前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.