ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事
飼い主のいない犬 ・・・困ったワン!

 犬は友だちであり、ある時は兄弟であり、私たちにたくさんの喜びや楽しみを与えてくれます。
 しかし正しい飼い方をしないと他人に迷惑をかけることになります。良い飼い主になるため一緒に考えてみましょう。


●野犬による被害
 平成11年中、市環境衛生課に犬の苦情が寄せられた件数は113件。
 そのほとんどが、飼い主のいない犬の駆除に関すること。しかし始めから飼い主がいない犬は存在しないはずです。
 捨てられたのを知らずに嬉しそうに跳びはねている仔犬の様子を見ていると、悲しくなります。
 このような仔犬が人里離れた所に住み、群れをなして野性となった犬は少なくありません。
 人間を警戒し、獰猛となった犬は家畜や私たち人間までも襲う危険があります。
 現実に根室市内の農家の家畜が襲われるなど、大きな被害がでています。
 そのため、市や農協、猟友会では、大規模な野犬駆除を行っています。そのかいあって、今のところ野犬による家畜被害はでていません。いま、みんながきちんと飼い主の責任を果たし、人間も犬も一緒に楽しく暮らせることが求められています。
 それでは、飼い主が守らなければならいことはどんな事があるのでしょうか。

●不幸な仔犬をつくらない

<<かわいがって、仲良くずっと一緒に暮らしましょう>>
 犬の飼い主は、犬の本能、習性、生理を理解し、家族の一員として愛情を持って保護しなければなりません。
 また、人への危害や生活環境を害することがないよう責任をもって飼養及び保護に努め、終生飼い続けるように努めなければなりません。

<<きちんとしつけをして、放し飼いはやめましょう>>
 犬の飼い主は、放し飼いの防止、けい留施設からの脱出防止、行動範囲が道路や通路に接しないようなけい留、適正なしつけ、訓練に努めましょう。また、犬を野外で運動させる場合は、制御できる者が行う、突発行動に対応できるように引き綱の点検、調節などに留意する。運動場所、時刻に配慮することが重要です。

<<犬の将来について考えてあげましょう>>
 犬の繁殖を希望しない飼い主は、去勢、不妊などの手術を行うように努めることとされています。ただ、やむを得ず犬を継続して飼うことができなくなった場合には、新しい飼い主に譲り渡すように努めましょう。

<<不必要な繁殖は犬を不幸にします>>
 野良犬は、もとは捨て犬であり、不必要な繁殖によって生まれたものたちなのです。特に希望する場合を除いて、犬の繁殖を制限することは飼い主の重要な責任として自覚する必要があります。

<<仔犬の新しい飼い主はなかなか見つかりません>>
 仔犬が生まれた場合、新しい飼い主はそう簡単に見つかるものではありません。捨てられてしまうと野良犬になり、保健所などに引き取られ、処分されることが多いのです。
 不幸な仔犬をつくらないためには、不妊手術の実施が第一と考えてください。最近では、動物の皮下に薬を埋め込み、雌の避妊をすることができ、薬を取り出せば再び妊娠が可能になるという簡単な手術もあります。


前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.