ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事
          STOP 交通事故


「危険回避!」
     日頃の心がけと正しい判断で…


 平成14年根室市では、 80件の交通事故で101人の方が負傷し、2人の方が亡くなっています。
 交通事故が起こってから考えるのは遅すぎます。
 常に自分や他人の命を背負って車を運転していることを忘れないで下さい。
 

危険個所を意識する
 どんな人でも歩行中や自動車運転中に、あともう少しで危なかった…、ということがあると思います。このヒヤリ体験を軽くみてはいけません。あともう少し気づくのが遅れたら、大事故へとつながっていたかもしれません。
 運転者、歩行者、自転車利用者それぞれが、日常の中のヒヤリ体験をすぐ忘れてしまわずにどうしてそうなってしまったのかということを振り返ってみてください。具体的な注意点を見つけることが事故防止につながります。
 根室にはどこの道路に多く危険が隠されているのでしょう。危険な場所を知り、危険を意識することで事故を無くしましょう。 

悪質・危険な違反の罰則強化
 平成14年6月1日から道路交通法及び同法施行令が一部改正されました。これによりひき逃げや飲酒運転、麻薬等運転など、悪質・危険な違反の罰則の上限が大幅にアップされ、ひき逃げ(救護業務違反)で5年以下の懲役又は50万円以下の罰金となりました。
 また、免許取り消し(欠格期間)の基準が強化され、悪質・危険違反で免許取り消しの場合・欠格期間が最長5年になりました。

交通事故発生件数単位(件・人)
年次 発生件数 死 者 傷 者
H10 81 3 104
H11 81 3 100
H12 99 5 132
H13 89 7 114
H14 80 2 101
                 

酒気帯び基準が強化
 悪質違反の違反点、酒気帯び関連の違反点・事故点等が大幅にアップされ、わずかな飲酒でも「酒気帯び運転」になり、初犯でも免許停止、「酒酔い運転」で免許取消しとなります。
 少しだけなら…と思うかもしれません。しかし、飲酒運転による事故の90%以上がわずかな飲酒で起きています。しかも、酒酔い運転による事故は、4件に1件が死亡事故。軽い気持ちが重い事故につながっています。

ドライバーのみなさんへ
 あなたは車に乗り込んだら必ずシートベルトを着用していますか?平成14年の全道の着用率は89.6%、根室市では82.5%と平均を下回っています。シートベルトをしていた場合、運転席で10倍、助手席で5倍も助かる率が高いといわれています。
 子供がチャイルドシートをしていなかった場合、致死率は着用していた時の約4.5倍となっています。大人にはシートベルト、子供にはチャイルドシートの着用を心がけてください。万が一のときに人を守る命綱となります。
 自動車は便利な道具です。しかし、それは一瞬にして人の命を奪う凶器にも変わりかねないものです。そのことを忘れていませんか?水面下にある危険を意識してください。運転に対してだけは甘い考えは許されません。交通事故は潜んでいます。あなたがヒヤリとしたすぐ隣りに…。










前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.