ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事
ごみの減量化とリサイクルをめざして

4月1日からごみを出す時は専用袋か証紙が必要です 

 いよいよ始まるごみの従量制、市では、町内会や各業種の団体を通じて説明会を開催し、スムーズに移行できるよう努めてきました。
 制度の概要については、説明会や新聞チラシでご承知と思いますが、今回は制度の細かな内容についてご説明します。


市役所で開かれた説明会
■今までとここが違う従量制
・4月1日からは、証紙か専用の袋を購入して料金を払う方法になります。(納付書での納入は廃止となります)
・市販の黒いごみ袋やダンボール箱使う場合には、必ず証紙を見やすい場所に貼って使ってください。
・ごみ箱やポリバケツは従来どおり利用できますが、ごみは指定袋に入れるか、それ以外の袋等を利用する場合は証紙を貼ってください。
・木の枝や木くず、板切れなどバラのものは、収集しやすい大きさにそろえ、ひもで縛り、いずれも120円の証紙を貼って出してください。
■収集の曜日は今までと同じ
それぞれ燃やせるごみの日、燃やせないごみの日の定めに従って出してください。
■従量制になっても、無料となるものがあります。
・空き缶回収日に専用袋で出された空き缶
・燃やせないごみの日に透明の袋に入れて出された乾電池
・燃やせないごみの日に専用袋で出されたペットボトル(ただし7月から実施)
・全市一斉清掃などボランティア活動により出されたごみ(事前 届け出が必要です)
■証紙と専用袋の販売先
 市内約81店舗の指定店で販売します。

指定袋と証紙はこの表示のあるお店で
■証紙を貼るめやす
40リットル相当 1個につき60 円(10kgのりんご箱程度)
粗大ごみ  1個につき120円
引っ越しごみ 収集車1台につき2千円分の証紙が必要になります。(事前に届け出が必要です)

40リットル用の証紙
■粗大ごみの出し方は
市街地は事前申込みにより、毎月10日と20日、郡部地区は燃えないごみの日に収集しますが、 必ず1個につき120円の証紙を貼って出してください。
■持ち込みごみは
ごみ収集に出しているごみを焼却場や埋め立て処理場に持ち込まれるときは、今後は指定袋か証紙の貼付が必要となります。なお、収集してない事業所が自己処理で持ち込むごみは、その都度、従来どおり「ごみ処分手数料」を納入していただきます。
■ごみ減量化のヒント
・ごみになるものは買わない、使わない。
・再利用できるものはないか、もう一度確認。
・町内会などの集団廃品回収を積極的に利用しよう。     

●ごみ従量制についてのお問い合わせは、市環境衛生係
電話3−6111内線2128・2129番まで。   



区分 20リットル用 40リットル用

区分 40リットル相当(1個) 粗大ごみ用(1個) 引越し(1件)
値段 10枚入
300円
(1枚30円)
5枚入
300円
(1枚60円)
値段 1シート10枚つづり
600円
(1枚60円)
1シート5枚つづり
600円
(1枚120円)
1枚2,000円
袋の色 燃やせるごみ   赤色
燃やせないごみ  青色
証紙の色 黄色 緑色 青色

 

前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.