ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事
自主防災組織づくりのススメ

 大きな災害が発生したときは、通信や道路交通網、電気、ガス、水道などライフラインに混乱が生じ防災機関のみでは十分に対処できないことも考えられます。そんなとき頼りになるのが自主防災組織です。地域の円滑な防災体制を確立するため町内会などを活用した自主防災組織をつくりましょう。
● 自分達の地域は自分達で守る!
 災害が発生した場合に被害の防止又は軽減を図るためには、地域住民の連帯意識の下に自主的な防災活動が不可欠となります。
 災害発生時に各自がバラバラに行動するのでは大きな効果は期待できませんが、地域住民が一致団結し、組織的に行動することによりその効果が高められます。
 したがって、地域ぐるみで防災体制を確立していくことが重要となります。
 そのためには防災関係機関と地域が一体となって緊密な連携をとり、万が一の災害に備えていかなければなりません。
 災害につよいまちづくりを進めていくには『自分達の地域は自分達で守る』という考えを持ち、災害に備えることが大切となるため、自主防災組織の結成に取り組みましょう。
● 日頃の活動
 『いざ』というとき、みなさんの自主防災組織が十分に活躍できるように、皆さん一人ひとりが火の消し方、応急手当の心得など、防災についての正しい知識を持っていることが重要です。
 自主防災組織として、あらゆる機会をとらえて、住民の皆さんがお互いに防災意識を高めあえるような活動をしましょう。
 実際に被害が発生したときには、なかなか思うように身体が動かないものです。そのような時に落ち着いて安全に行動できるよう、実際に活動することに慣れておかなければなりません。
 自主防災組織として、みんなでまとまり、普段から協力して防災訓練を行い、『いざ』というときに備えましょう。
※組織の結成又は活動内容等に関するお問い合わせは
                ・市役所総務部総務課総務係 電話:23−6111(内線2222・2223)

<自主防災組織の活動内容例>
●日頃の活動
対応内容 活動内容 担当
情報対策  1.地区住民の意識啓発のために広報誌の
  発行等を行う
 2.防災関係機関との連絡方法の確立 
総務情報班  
初期消火対策  1.地区住民に火災予防の啓発を行う
 2.延焼危険地区、消防水利等を把握して
  おく 
初期消火班
救出救護対策   1.救出用資機材の保管場所の把握
 2.応急手当用資機材の使用方法や負傷
  者の応急手当の方法について消防機関
  等の指導を受け習熟しておく
 3.負傷者の搬送(収容)先の確認等 
救出救護班 
避難対策   1.地域の危険箇所や避難地区・避難誘導
  ルートの把握
 2.災害弱者(高齢者、障害者等)のリスト
  アップ 
避難誘導班 
給食給水対策   1.給食給水の方法や器具などの取り扱い
  の確認 
給食給水班 
その他  1.防災訓練の実施
  (各班又は合同で随時実施する)
 2.備蓄資機材の管理、点検
各班

●災害時の活動
対応内容 活動内容 担当
情報対策   1.負傷者や被害状況を取りまとめ市へ
  報告
 2.応急対策等の正確な情報を各世帯へ
  伝達する
総務情報班 
初期消火対策   1.周辺住民の協力を求め初期消火活動
  を行う(ただし、火災が拡大しそうな場
  合は消火活動を中止し避難する) 
初期消火班 
救出救護対策     1.資機材を有効に活用し救出活動を行
  い、必要であれば消防機関に出動要請
  をする
 2.負傷者の応急手当の実施や医療機関
  ・救護所への搬送 
救出救護班 
避難対策  1.避難状況を地域内の全ての住民に伝
  達するとともに、組織として安全な行動
  がとれるよう避難場所まで誘導する
 2.地域住民の安否を確認し総務情報班
  へ伝達する 
避難誘導班
給食給水対策   1.炊き出し活動、飲料水の確保等をする
  とともに食料品や救援物資の効率的な
  受け入れ及び配布を行う 
給食給水班 



第3回市議会定例会
 市議会だより
 平成15年第3回市議会定例会が、去る9月22日から25日までの4日間を会期として開かれました。
 この議会では、各常任委員会、議会運営委員会の各正副委員長などの議会人事のほか、市長から提出された一般会計補正予算をはじめとする議案13件、更には議会から議案3件が提出されました。
 また、議員から提出された決議案は1件、意見書案は10件あり、更には8名の議員から一般質問の通告がありました。  
● 議会人事
 各常任委員会、議会運営委員会の正副委員長・委員、また、北方領土対策特別委員会、水産対策特別委員会の正副委員長・委員はそれぞれ以下のとおり選任されました。(◎印委員長、○印副委員長)

 ※総務常任委員会(6名)
 ◎波多 雄志  ○浜辺 洋一
  ・神   忠志   ・佐藤 敏三  ・飛島 照義  ・嶋津 隆之
 ※厚生常任委員会(5名)
 ◎五十嵐 寛  ○永洞  均
  ・高本 みさ子  ・千葉 智人  ・澤崎 文剛
 ※産業建設常任委員会(5名)
 ◎久保田 陽  ○鈴木 一彦
  ・藤根 元吉  ・滑川 義幸  ・田塚 不二男
 ※文教常任委員会(5名)
 ◎下川 靖男  ○遠藤 輝宣
  ・熊谷 雅史  ・中林  直  ・竹内 正利
 ※議会運営委員会(5名)
 ◎滑川 義幸  ○藤根 元吉
  ・鈴木 一彦  ・千葉 智人  ・遠藤 輝宣
 ※北方領土対策特別委員会(11名)
 ◎飛島 照義  ○澤崎 文剛
  ・高本 みさ子  ・神  忠志  ・千葉 智人  ・熊谷 雅史  ・五十嵐 寛
  ・久保田 陽  ・浜辺 洋一  ・滑川 義幸  ・田塚 不二男
 ※水産対策特別委員会(10名)
 ◎中林  直  ○竹内 正利
  ・鈴木 一彦  ・下川 靖男  ・波多 雄志  ・藤根 元吉  ・佐藤 敏三
  ・遠藤 輝宣  ・永洞  均   ・嶋津 隆之  
● 一般質問
 一般質問には、8名の議員から市政全般について質問の通告があり、それぞれ論議が展開されました。質問の要旨は以下のとおりです。

 ・神  忠志議員
  【1】根室市の漁業をとりまく諸課題について。  【2】教育行政について。
  【3】「領土問題」未解決にともなう諸問題について
 ・鈴木 一彦議員
  【1】自然保護に関る諸問題について。  【2】雇用問題について。
  【3】まちづくりにユニバーサルデザインの考え方を導入することについて
 ・下川 靖男議員
  【1】市財政問題について。  【2】市立根室病院の信頼回復について。
 ・田塚 不二男議員
  【1】合併処理浄化槽の推進について(総合計画への位置付けの明確化)。
  【2】行政改革の取組みについて。
 ・澤崎 文剛議員
  【1】根室市の基幹産業(漁業・水産加工業)の振興と日ロ漁業交渉について。
  【2】地域防災対策について(地震災害)。
 ・高本 みさ子議員
  【1】市民のくらし、福祉、健康をまもるために。  【2】領土問題に関わって。
 ・滑川 義幸議員
  【1】行政改革の一環として民間委託の範囲をどの程度まで考えているか。
  【2】小・中学校の適正化の進め方について。
  【3】各小・中学校毎の空き教室の実態について。
 ・波多 雄志議員
  【1】行政改革について。
● 常任委員会審査
 落石漁港区域内公有水面埋立についての議案1件を9月24日、産業建設常任委員会で審査し、原案のとおり可決すべきことに決定いたしました。
● 予算審査特別委員会
 一般会計補正予算や下水道事業会計補正予算などの議案5件について、9月25日の1日間、審査し、それぞれ原案のとおり可決すべきことに決定いたしました。
● 本会議
 最終日の9月25日の本会議では、補正予算をはじめ、根室市教育委員会委員などの人事案件、産業建設常任委員会に付託されていた議案、補正予算など9件については、それぞれいずれも原案とおり可決されました。
 また、平成14年度各事業の決算認定4件については、決算審査特別委員会を設置し、閉会中の継続審査とすることに決定し、更には議会提出の常任委員会等の正副委員長・委員の選任と、決議案・意見書案がそれぞれ可決され、4日間の定例会が閉会しました。
● 決議書
 今定例会では、次のとおり、1件の決議案が可決されました。
 【1】基礎自治体に関する決議
● 意見書
  今定例会では、次のとおり、10件の意見書案が可決されました。
 【1】 民事訴訟における弁護士報酬敗訴者負担制度導入の見直しを求める意見書。
 【2】 北海道新幹線の建設促進を求める意見書。
 【3】 犯罪防止のための治安対策の強化を求める意見書。
 【4】 携帯電話の利便性の向上と料金引き下げを求める意見書。
 【5】 「人権擁護法案」の抜本修正を求める意見書。
 【6】 障害者施設の充実を求める意見書。
 【7】 季節労働者冬季援護制度に関する要望意見書。
 【8】 老人高額医療費償還払い制度の改善に関する意見書。
 【9】 国民年金に関する意見書。
 【10】道路整備に関する意見書。

前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.